前準備は入念に

内見

マンション査定の目的は、家の価値を見定めて値段をつけることです。状態によって価格が左右される重要なイベントですので、準備は入念にするに限ります。ここで誰もが考えるのが掃除ですが、実は掃除にもポイントがありますし、そのほかにもコツがあります。中古マンションのライバルは常に新築マンションですから、真新しい家と張り合えるだけの状態を保つ意気込みでいきましょう。特に内覧は非常に重要です。ここではいかによいイメージを与えるか、演出を含めて考えましょう。埃があるなどもってのほかですが、忙しい中ですのでまとめてするのではなく、毎日少しずつゾーンごとにコツコツ細かく掃除を重ねることが大切です。不動産業者の担当者は普段の状態でOKだと言ってくれますが、それを鵜吞みにせず、きれいならきれいなほど価値が上がると心得ましょう。特に大切なのは水回りですので、キッチンもバス、トイレもしっかり磨き上げてください。コツは水道など金属部をピカピカに磨くことと、洗面台の鏡などをエタノールやクエン酸で磨くことです。「光物は光らせる」を基本に、徹底的に汚れを落としてください。また、カビは大敵ですので専用のカビ取り剤で除去してください。そして玄関は第一印象を決める重要なプレゼンテーション場所なので、掃除をしたり臭いを除去したり、できる限りの対策をして損はありません。そしてベランダや外構など、普段忘れがちな場所も忘れずに掃除すべきです。ロビーや廊下、郵便受けに至るまでできる限りきれいな状態にすることが勝利の秘訣です。

適正価格を見極めることが目的

マンション

なぜマンション査定を受けるか、それはひとえに適正価格で売りに出すためです。ときに、とてもいいマンションなのに売れ残ってしまっている物件を見かけますが、これは適切な価格で売りに出されていないケースがほとんどです。高く買ったものだから高く売りたい、これから自分が住む家に売った資金を回したいといった思惑ももちろんあるでしょう。ただ、相場を上回る価格で売りに出しても、期待通りにはならないのが現実です。査定をするのは、相場に照らし合わせてどれくらいの価値があるかを正しく見極めるためです。家は使い方で状態が大きく変わるのが事実ですから、築年数の割にとてもきれいなマンションなら、もちろん上乗せが期待できるのは当然です。ただ、複数の業者の査定を受けるときに、あきらかに相場より高い値を提示して契約だけ取ろうとする担当者もなくはないので、丸投げせずに自分も適正価格を調べることが大切です。査定価格が提示されたら、その根拠をひとつひとつ確認するようにすればトラブルは避けられますし、過去の成約事例があると言うならその証拠を明示してもらうとよいでしょう。